貧困女子は自立を目指そう!結婚はゴールじゃない!?

貧困女子の中には、大きな勘違いをして婚活に取り組んでいる人がいます。

自分を経済的に豊かにしてくれる人をターゲットでは本末転倒です。

結婚は大事なことですが、結婚ばかりに頼り将来不幸に突然襲われると、奈落の底に突き落とされてしまいます。

そうならないように貧困女子は、結婚も大切ですが、それと同時に自立を目指すことも必要です。

本文では、貧困女子の結婚と自立について述べますので、最後までご覧いただければ幸いです。

 

貧困女子は身の丈に合った婚活をしよう

 

貧困女子の中には、今の状態から抜け出すために婚活を始め、高収入な男性ばかりを探している人もいるようです。

 

しかし、婚活には思っている以上にお金がかかります。

 

例えば高収入の男性が多く登録している結婚紹介所などは、女性側に多額の登録料を請求するところもあります。

 

また、やはり高額な費用がかかる婚活サイトなども多くあり、なんと中には借金してまで登録する人もいるようです。

 

しかし高い費用を払っても、婚活がうまくいき結婚できるという保証はどこにもありません。

 

そんな時は経済的な打撃はもちろんですが、精神的なショックも大きいいですよね。

 

今後のことを考えて婚活することはけして悪いことではありませんが、相手の経済力ばかりを気にして結婚相手を探すことが、果たして本当に将来への幸せにつながるのでしょうか?

 

あなたが貧困女子から抜け出すためには、身の丈に合わないような婚活をするよりも、もう一度自分自身を振り変えってみることが大切であると言えます。

 

貧困女子は結婚しても自立を目指すべき

 

もしかしたら貧困女子の中には「今は生活が苦しいけれど、高収入の相手と結婚すれば何とかなる。」と思い込んでいる方も多いのではないかと思います。

 

仮にもし運良く理想の相手を見つけても、結婚生活においては思いもかけないことが起こる場合もあります。

 

夫の会社が倒産して突然無職になってしまったり、病気や事故で働けなくなってしまう可能性も充分にあります。

 

またたとえ職を失うことはなくても、何らかの理由で結婚生活が破綻してしまい、子供を抱えてシングルマザーになってしまうことだってけしてないとは言い切れません。

 

結婚生活において大切なのは、どちらかが一方的に相手を支えるのではなく、お互いに支え合うことです。

 

そのためにも、貧困女子もいざとなったら相手をしっかり支えてあげられるよう、自立への道を切り開いておくことが非常に重要です。

 

貧困女子は働き続けるという意識を持とう

 

少し前までの日本の社会は「女はある程度の年齢に達したら結婚し、夫に養ってもらうのが当たり前。」というのが一般的な考え方でした。

 

しかし、この考えは女性の生き方の多様化や世の中の流れにより、徐々に変化しています。

 

もちろん育った地域や家庭環境などによっても違っていますが、今までは学校を卒業したら就職し、何年か勤めて結婚退職するというのが社会の一般的な流れとなっていました。

 

これは、社会の中で女性がキャリアを積み上げ出世できる環境が未だに整っていないという現状も関係しています。

 

こうなると女性はせっかく大学を卒業しても、正社員ではなく派遣社員としてしか働くことができなかったり、一旦仕事をやめ結婚してしまうと、パートやはアルバイトなどでしか働くことができません。

 

ですから、自然と貧困女子が結婚して養ってもらおうと考えるのは当然の流れであるとも言えます。

 

 

しかしこのままあなたが結婚して専業主婦になったとして、果たして本当に貧困から抜け出すことはできるのでしょうか。

 

本当に貧困から抜け出したいと思うのであれば、貧困女子も自立を目指し、たとえ結婚してもしなくても一生働き続けるという意識を持つことが大切です。

 

結婚しても働き続けよういう意識を持てば、男性は結婚したら養わなければならないという負担から解放されるため、結婚相手として選ばれやすくなります。

 

つまり相手の収入ばかりに頼らず自立することが、最終的には幸せな結婚へとつながっていくことになります。

 

貧困女子は仕事に対する意識を向上させよう

 

「結婚したら相手に養ってもらう」という考えを「結婚してもしなくても自立して一生仕事を続けていく」という風に変えると、あなた自身の仕事に対する考えや姿勢が変わってきます。

 

収入面だけを見るのではなく、自分が気持ち良く長く働き続けられる職場であるのか、また自分に向いていて将来性がある仕事内容であるのか、などを真剣に考えるようになります。

 

この仕事に対する意識の向上が、貧困女子から脱出し、人生を自分の足で歩んでいくための自立への第一歩とあります。

 

「どうせ私なんか」とあきらめる必要はけしてありません。

 

最近は女性の就職を応援するための公共のサービスなどもあるので、まずはそれらをうまく活用し、情報収集することから始めてみましょう。

 

貧困女子は「 シンデレラコンプレックス」を捨てよう!

 

あなたは「 シンデレラコンプレックス」という言葉を知っていますか。この言葉は、自立できない女性が、シンデレラのように理想の男性が現れて幸福にしてくれるのを待つという心理を表したものです。

 

現代の20〜30代の女性は、実はこの「 シンデレラコンプレックス」の傾向が強く、専業主婦になりたいという女性が多いと言われています。

 

しかし一方で20〜30代の男性は、男性の低収入化という社会の流れもあり「妻子を養う経済力がないから結婚したくない。」という人が増えてきています。

これではますます既婚率は下がり、結婚しない男女が増えていくばかりですよね。

 

また「 シンデレラコンプレックス」を抱えたまま結婚してしまうと、万が一離婚してしまった場合、ますます貧困女子が増えることにもつながってしまいます。

 

逆に、結婚しても自立してずっと働き続けるという意識を持つ女性は男性から選ばれやすくなり、もし結婚生活が破綻しても、貧困になるリスクを避けることができます。

 

つまり、仕事と結婚に対する意識を変えること、自立心を持つことで貧困女性になるのを回避することができるのです。

 

ですからまずは「いつか白馬に乗った王子様が迎えにきてくれる。そしてふたりは結婚して末長く幸福に暮らす。」という幻想を捨てましょう。

 

「 シンデレラコンプレックス」を捨てることが、自立した明るい未来への扉を開くことは間違いありません。

 

まとめ

 

貧困女子は、結婚にすべてを頼ってはいけません。

例え、高スペックの男性と結婚できたとしても、将来何が起きるかわかりません。

結婚してもしなくても自立した女性を目指してリスク回避に努めましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です