貧困女子のキーポイント婚活アプリの写真は公開すべきか否か!

結婚すれば貧困女子を抜け出すことが出来るでしょうか?

 

保証は出来ませんが、二人で協力して生活していけば、そうむずかしいことではありません。

 

但し相手のいない方はどうしたらいいのでしょうか?

婚活アプリで相手を見つけるのが早道です。

 

婚活アプリなら女子は殆どお金がかからないので、特にお金のない貧困女子にとってはとても便利なツールです。

 

そこで問題になるのが写真の取り扱いです。

 

今回は婚活アプリを利用するにあたって、貧困女子の写真の取り扱いについて言及致します。

 

貧困女子にお勧めの婚活アプリ5選

婚活アプリはここ数年で急速に増加し、生まれては消えを繰り返していますが、現在では100以上アプリが存在します。

 

また女性にとってのアドバンテージは、ほとんどを無料で利用することができることです。

 

ただし、婚活アプリの中には勧誘目的のものや、遊び相手を探している男性が多いアプリもありますので、利用する際には慎重に選ばなければなりません。

 

私がおすすめする、女性が無料で利用できる婚活アプリは以下の5つです。

 

●とにかく結婚したい方に、20代は無料の『Omiai』

●婚活や恋活したい方に『with』

●他のサイトと併用して使用したい方に『ゼクシィ恋結び』

●若い男性、特にイケメンを探している方に『マッチブック』

●総合力No.1!真剣に相手を探している方に『ペアーズ』

 

これらのアプリは男性会員は有料ですが、運営元はその収益を元に、定期的にメンテナンスや、不適切な会員を排除するためパトロールを行っているので、誰でも安心して利用することができます。

 

女性の婚活にはコスメ代や洋服代、また美容院代などとにかくお金がかかります。

特に貧困女子はお金に余裕がありませんから、費用はなるべく抑えたいですよね。

 

ただ、無料の婚活サイトや婚活アプリと聞くと、利用するのが何だか怖い、と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし、大手企業の運営する婚活サイトや婚活アプリであれば、セキュリティ面などもしっかりしているので、安心して利用することができます。

 

また、会員登録だけでなく、マッチングから相手とのメッセージ交換まで、全ての機能が無料で使えるのも嬉しいですよね。

 

婚活サイトで写真掲載のメリットとデメリット

 

婚活サイトで自分の写真を掲載しても大丈夫?

婚活サイトでは、プロフィールに自分の写真を掲載する場合があります。

 

男性はあまり抵抗はないかもしれませんが、女性は安全面への不安などから、写真の掲載を悩む方も多いのではないかと思います。

 

女性の場合、本当に写真を掲載しても大丈夫なのでしょうか?

 

もし写真を公開した場合、やはり安全面や悪用されるのではないかというに不安を感じる方は多いでしょう。

 

例えば、FacebookなどSNSで写真を無断で使われたり、もっとひどいケースだとアダルトサイトで悪用されたりする可能性もゼロではありませんし、写真から身元を割り出され、何らかの事件に巻き込

まれることも、ないとは言い切れません。

 

また、たまたま友達や知り合いに写真を見られて、婚活サイトに登録していることを知られるのが恥ずかしいという方もいるでしょう。

 

そのため婚活サイトに写真に掲載せず、知り合って仲良くなった方にのみ公開するという方法もあります。

 

婚活パーティーのような直接顔を合わせる場ではこういう懸念はないので、写真掲載の有無はネット婚活ならではの悩みであるといえるでしょう。

 

婚活サイトでは、女性は男性からのアプローチを待つという形が多くなっています。

 

ですから男性は、多くの女性にアプローチして、返事が来た女性とメッセージ交換して、徐々に信頼関係を築いていくというのが一般的なパターンとなっています。

 

男性の立場から見ると、多くの人にアプローチしないとなかなか婚活が前に進まないという気持ちがあるのかもしれませんが、女性から見ればこの行いは不誠実であると感じるかもしれません。

 

しかしこれは、ネット婚活の仕組みによるものですから、ある程度は仕方がないと言えるでしょう。

しかしあまりに多くの男性からアプローチがきたら、どんな基準で相手を選べばよいのか正直迷ってしまいますよね。

 

実は、婚活サイトに登録している女性の多くが、このような状況に悩まされています。

 

ではこんな時は、どうしたらよいのでしょうか。

 

自分の写真を非公開にするのもひとつの方法

こんな時には婚活サイトのフィルター機能を活用して、自分の写真の非公開にするのもひとつの方法として挙げられます。

 

写真を非公開にすると、男性からのアプローチ数が減るため、より男性を選びやすくなります。

 

情報が多すぎるとかえって迷うことも多いまですが、ある程度制限されると情報を整理しやすくなり、行動しやすくなります。

 

ですから男性からのアプローチが多すぎるという場合は、一時的に写真を非公開にしてみると良いでしょう。

 

写真を掲載している女性はどのぐらいいるの?

 

婚活サイトによって違いますが、ブライダルネットを例に挙げると、女性で写真を掲載している人としていない人の割合は6:4となっています。

 

ちなみにFacebook系の恋活アプリの場合は、約8割の女性が写真を掲載しています。

 

ほとんどの男性は、セキュリティなどの面から写真を非公開にしている女性の心情を理解していますが、やはり顔写真を見ていないのにアプローチするのは不安だから、できれば公開して欲しいと考えい

る人もいるようです。

 

写真を掲載しない場合は、プロフィールに一言添えよう

 

写真を掲載しない場合は、その理由についてプロフィールに一言書いておけばOKです。

 

例えば「婚活サイトに登録するのは初めてのため、写真を掲載することに不安があります。メッセージを交換する方のみ、写真を交換させて頂きます。」

 

こうすればあなたの気持ちはきっと伝わりますし、これを見た男性は「メッセージ交換ができれば、写真を見ることができる」と安心してあなたにアプローチすることでしょう。

 

この一言が、相手の立場で物事をモノを考える上でとても大切です。

 

写真を掲載しない女性に対して批判

 

しかし男性の中には、婚活サイトで写真を掲載していない女性に対して、批判的な意見を持つ人もいるようです。

 

私も以前に、写真を非公開にしている女性に対して「婚活サイトを利用している意味がない」というやや乱暴なコメントとして寄せているのを見たことがあります。

 

この時の男性の心理は「男は写真を掲載しているのに、女性は非公開にしているのは不公平じゃないか」

「写真非公開ということは、婚活に本気ではないのではないか?」といったところでしょうか。

 

ではこのような批判や攻撃を受けた場合、女性はどのように対処すればよいのでしょうか。

 

こういう場合は、無視するのが一番です。

 

しかしやはり心理的にダメージを受けるという方は、プロフィールに写真を掲載しない理由を書いておけば、ほぼ批判はなくなりますよ。

 

運営側へ通報も一手

 

あまりに批判や攻撃がひどい場合には、婚活サイトの運営者に対して通報することができます。

ブライダルネットの場合は、個別に受付拒否にする場合と、サポートに通報する場合の2つ措置が可能となっています。

 

これを利用し、男性をブロックすると良いでしょう。

しかし一番大切なのは、あまり気にせず無視することです。

 

女性の写真の掲載は個人の自由ですし、最初は写真は非公開にして、気に入った男性が現れた時に、その人にのみ写真を送るするのもよいでしょう。

 

その場合は、写真を掲載しない理由をプロフィールに書いておくと、男性は安心してあなたにアプローチすることが出来ます。

 

あまり周囲の意見に周りに振り回されず、自分のペースで写真を公開すればOKですよ。

 

しかし同時に、やはり写真を掲載していた方が相手を探しやすい、という事実も理解しておく必要があります。

 

婚活サイトの「ブライダルネット」場合、プロフィール写真を掲載した場合、写真を掲載しない場合よりも、

異性からの「いいね」が10倍になるというデータもあるようです。

 

まとめ

 

婚活サイトでの写真の掲載の有無は、それぞれの状況により、どちらを選択してもOKです。

 

しかし、その際のメリットとデメリットをきちんと把握した上で、どちらかを選択するようにしましょう。

 

写真を掲載するメリットとしては、男性からのメッセージが多くなることが挙げられますが、デメリットとしては、男性からのアプローチが減少する点が挙げられます。

 

しかしアプローチが多すぎると感じている場合は、意図的に非公開することが有効であるといえるでしょう。

 

私がここで一番伝えたいのは、絶対に写真を掲載しなければならないと悩む必要はないということです。

 

写真を非公開で婚活している方も大勢いますし、男性からの反応を見ながら途中で変更することも可能です。

 

写真公開は必須ではありませんし、たとえ非公開にしていても、その分プロフィールの書き方を工夫するなどして、自分の魅力をアピールすることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です