貧困女子は本命になれない5つのパターンを克服せよ!

あなたは「貧困女子は貧乏だから本命になれない」と思っていませんか?

実は、貧乏であることと本命の彼女になれないことは、全く関係がありません。

ですからそれらはまず、一旦切り離して考えましょう。

ではなぜ、貧困女子は本命になれないのでしょうか。

ここではその疑問について詳しく答えていきますので、最後まで読んでいただけたら幸いです。

 

貧困女子が本命の彼女になるにはどうしたら良いの?

 

あなたは、本命の彼女になるためには男性の言うことに全て従い、相手好みの女性になれば、きっと本命と呼ばれるようになると思っていませんか。

 

実はそう思っている女性は、いつまでも本命にはなれません。

 

男性は元々身勝手な生き物ですから、何かにつけて女性を自分の思い通りにさせようとします。

 

しかし本当に従順な女性であれば、本命の彼女になれるのでしょうか。

そこでここでは、本命になれない女性の5つのパターンについて、具体例を挙げて見ていきたいと思います。

 

このパターンに自分があてはまらないかチェックして、心当たりがあるという人は今までの自分を見つめ直してみましょう。

 

本命になれない女性の5つのパターンとは?

 

1.尽くし過ぎる女性

男性に尽くす女性は、基本的に男性に喜ばれます。

 

しかし、そんな女性的なよい面を持っているにも関わらず本命になれない場合は、相手に尽くし過ぎ「重い」と思われている可能性があります。

 

またあまりに世話を焼きすぎると、女性としてではなく母親的な人として見られてしまうので注意が必要です。

 

相手に尽くすことは悪いことではありませんが、あまり度が過ぎると男性に「うっとうしい」と思われてしまうことも多いようです。

 

男性は、重くてうっとうしいと感じる女性を本命にすることはまずありません。

 

また、母親的な女性を本命にしたいと思う人もほとんどいませんので、相手に尽くし過ぎる傾向のある女性は、ある程度線引きができるよう自分をコントロールすることも大切です。

 

2.都合のいい女

「好きな人のために何でもしてあげたい」という気持ちは、恋する女性に共通する感情と言えるでしょう。

 

しかし、いくら好きな人でもあまりにひどいことを言われたり冷たい態度を取られた場合は、ケンカになったり、あるい別れを選択する場合もありますよね。

 

ただし、男性にとって都合のいい女になってしまうと、男性のどんなわがままも受け入れざるを得なくなってしまいます。

 

例えば約束をを突然ドタキャンされても怒らなかったり、夜中に肉体関係のためだけに呼び出されても応じてしまったり…。

 

このような女性は、自分では「相手への愛情が深いから」だと思っているかもしれせんが、男性から見れば、ただの都合の良い女になっているので、くれぐれも注意しましょう。

 

実はこれも、本命になれない女性の特徴のひとつとなっています。

自分では相手に愛情を注いでいるつもりでも、男性にとっては都合のいい女に成り下がってしまっている可能性が高いので気をつけてくださいね。

 

3.軽い女

男性は自意識が非常に強いので、自分以外の男性とも平気で付き合ってしまう、いわゆる軽い女性は、はっきり言って決して 本命にはなれません。

 

例えば他の男性と浮気をして「あなたの本命になれない寂しさから、ついしてしまった」などど言い訳しても相手には絶対に通用しません。

 

好きな人の本命になりたいと本気で思っているのなら、まずはダメ元でその人へアタックをしてみることをおすすめします。

もしそれでほんとうに振られてしまったら、また次の相手を探すようにしましょう。

 

またたとえ男女の関係がなくとも、他の男性と頻繁に会っていたりデートしていたりする場合も、やはり軽い女として見られてしまう傾向があります。

 

さらに、過去の男性遍歴を多くの人の前で平気で話す女性も軽い女と見られてしまうので要注意です。

 

女性の側にもさまざまな思惑があるとは思いますが、本命の男性がいるのなら、下手な小細工はかえって悪い結果を招く可能性があるので避けた方がよいでしょう。

 

4.束縛する女性

好きな人のことを全て知りたいと思うことは決して悪いことではありませんが、多くの男性は、女性を束縛することは好んでも、束縛されることは嫌がるという特徴を持っています。

 

そのため、交際する前から頻繁に連絡してきたり、毎日の予定を確認してくるような女性に対して、男性は警戒心を抱くことが多いようです。

 

まだ付き合っていない状態であればよいのですが、付き合うことになり彼女という立場になったら、女性の束縛は一層ひどくなります。

 

このように束縛の強い女性は、男性から「付き合ったら面倒くさい」と思われてしまい、なかなか本命にはなれません。

 

もし、あなたにそのような心当たりがあり、本命になれない女になりたくないのであれば、少し冷静になり、相手にあまり干渉しないよう努力してみましょう。

 

そうすれば、相手のあなたをみる目も変わってくるかもしれませんよ。

 

5.自分から「私は2番目でいい」と言ってしまう女性

例えば、どうしようもないくらい好きになった人に彼女がいた場合「私は彼女の次でもいい」と思ってしまう女性は、けして本命にはなれません。

 

もちろん恋愛は自由なので、彼女がいる人を好きになることも仕方がないとも言えますが、このような場合でも、決して自分から「私は2番目でいい」なんて絶対に言わないでくださいね。

 

男性に「2番目でも良いから一緒にいたい」なんて言ってしまったら、その相手に本命」として見てもらえる日はきっと永久に来ないでしょう。

 

男性にいいように利用されてしまうだけです。「もしかしたら本命の彼女と別れたたら、私と付き合ってくれるかもしれない」なんて淡い期待を抱かないでくださいね。

なぜなら、一度でも2番でいいなどと言ってしまうと、相手は決してあなたを本命にしようなどとは思わなくなってしまうからです。

 

彼女がいる人を好きになった場合は、きっぱり諦めるか、また彼女と別れるまでひたすら待つかのどちらかだと考えていた方がよいでしょう。

 

まとめ

 

今回は、本命の彼女になりたい貧困女子のために、本命になれない女性の5つのパターンについてくわしくご紹介してきました。

好きな人をいつでも支えたいという気持ちは分かりますが、本命になるためには「相手だけでなく自分のことも大事にする」ことが非常に大切です。

「自分のことは後回しでいい」なんて考えでは、いつまでたっても本命にはなれません。

自分を大切にできない人は、相手からも大事にされないという自覚を持つことが大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です