シングルマザーは将来を見据えた仕事選びで貧困脱出を目指そう

離婚などによりシングルマザーになってしまった場合、今後の安定した生活のためにも、仕事選びはとても重要です。

 

しかし、一人で子育てもしていかなければならないシングルマザーは、男性のようにただひたすら仕事をしていればいいというわけにもいきません。

 

仕事を探すのはなかなか難しいですよね。

ですから、生活費を稼ぐことができ、なおかつ時間的に融通がきく職場が理想的であると思われます。

 

そこでここでは、シングルマザーにおすすめの仕事について、見ていきたいと思います。

 

シングルマザーは将来を見据えた仕事選びをしよう

シングルマザーが働く時に、まず一番に考えなければいけないのは子供のことですよね。

 

例えば自分が仕事で残業しなければならなくなった時や子供が急に病気になった時などに、代わりに面倒を見てくれる人がいるかどうかで、働き方も大きく変わってきます。

 

シングルマザーであっても、両親と同居するなどしっかりしたサポート体制があれば、正社員として働くことも可能です。

 

しかし、本当に子供と二人だけで生活するとなれば、ある程度自由になる時間が必要となるので、パートの方がよいと言えるでしょう。

 

またパート勤務は、シフト調整により休みを取りやすいですし、短時間勤務なので、子供の送り迎えなども可能であるというメリットもあります。

 

しかしその場合、やはり心配になってくるのは収入面ですよね。

実際パートの収入だけでは生活していくことは厳しいので、将来を見据えた仕事選びが重要となります。

 

そこで以下では、シングルマザーにおすすめの仕事をいくつかご紹介していきたいと思います。

 

シングルマザーにおすすめの仕事

 

1.歯科衛生士

最近はコンビニより多いと言われ、あちこちに数多く存在する歯科ですが、その歯科で仕事をするのが歯科衛生士です。

 

著者もよく歯医者に行きますが、歯石を取る場合などは、歯科医師ではなく歯科衛生士が行います。

 

ですから、歯科衛生士の資格を持っていれば、求人はいつも一定数あるので、仕事が見つからないという悩みからは解放されます。

 

ただし、資格を取るためには、学校に通う必要があります。

 

またこの仕事についても、臨機応変に状況を判断して物事をこなす必要があるので、やはり向き不向きはあると言えるでしょう。

 

2.ウェブライター

ウェブライターは、自宅で文章を書くことで収入を得ることができるので、シングルマザーには大変おすすめです。

 

「私は文章を書くのは苦手で…。」と言う人も、体験談のような事から書いていくと、書きやすいようですよ。

 

ただ、ウェブライターの年収にはかなり個人差があります。

 

例えば、企業に所属するライターであれば、ある程度安定した収入を確保することができますが、フリーランスの場合は自分で仕事を確保しなければならず、収入は不安定です。

 

またフリーランスの場合、最初のうちは文字単価の安い仕事をやらざるをえないのである程度我慢が必要です。

耐えられるかどうか、耐えられた人のみ、やがて高収入を手にすることが可能となります。

 

中には一般的な会社員以上の収入を得ているフリーランスのライターもいますが、普通の平均年収は、だいたい300万円前後と言われます。

 

それでも、一般的な貧困女子の平均収入を大きく越えているので、魅力ある仕事といえます。

 

3.介護職

少子化が急速に進み、超高齢化社会と言われている現在、介護職は慢性的な人材不足に陥っており、大変需要が高まっています。

 

介護職は仕事が大変なわりには給料が低いと言われていますが、人材が不足しているため、数多くの求人が出ています。

 

これは、シングルマザーにとっては非常にありがたいですよね。

 

またお介護職であれば、例えば子供が小さいうちはパートタイムで働き、そこから正社員になり、やがて子供が大きくなれば夜勤をこなししっかり稼ぐということが可能です。

 

シンングルマザーの平均年収は200万円以下と言われていますが、ケアマネマネージャーなどになれば、年収300万円~400万円を目指すこともけして不可能ではありません。

 

4.保険の外交員

社交的で明るい方には、営業職である保険の外交員がおすすめです。

 

保険の外交員として仕事で結果を出すことができれば、シングルマザーであっても比較的余裕のある生活をすることができます。

 

保険の営業は、基本的に契約数を多く伸ばせばその分手当がつくことが多いので、実力があれば高い収入を得ることが可能となっています。

 

また結果を出しさえすれば、休みを取ることなども比較的自由にできるので、仕事をしながらでも子供の授業参観に参加をしたり、子供の体調が悪い時は看病に専念することでもきできます。

 

ただし、保険の外交員としてよい結果を出すためには、ずば抜けたコミニケーション能力が必要となり、さらにお客様との契約にこぎ着けるためにはかなりの勉強や努力が必要となります。

 

このように保険の外交員という仕事は、どちらかと言うと実力を重視されますので、自分に向いている仕事どうかということを事前によく考えておくことも大切ですよ。

 

5.医療事務

病院で働く医療事務は比較的安定した職業であり、女性に特に人気の仕事です。

 

例えばシングルマザーが看護師の資格を取得する場合は、年数も費用もかかりますし、厳しい実習や国家試験などもクリアしていかなければなりません。

 

また、看護師という仕事は向き不向きもあり、向いていない人がもし看護師の資格を取得しても、それを活かしきれないということも考えられます。

 

その点医療事務であれば通信教育でも資格を取ることができるので、忙しいシングルマザーにはおすすめです。

 

ただ、医療事務の場合、月末締めのため残業することもあるので、その点は事前に確認しておきましょう。

 

6.コールセンター

コールセンターは、シングルマザーが 働きやすい職場の1つとして挙げられます。

 

コールセンターは、何十人ものスタッフが電話の前で待機し、かかって来た電話に対応すると言う仕事です。

 

多くの人が働いているので、子供の急な体調不良による欠勤にも対応できる場合が多いのが特徴であり、また時給の高いというメリットもあります。

 

ただ、コールセンターでの仕事は、特にクレーム対応する場合などにはかなりきつい言葉でお客様に怒鳴られることもあり、それが辛くてやめてしまうと言う人もいるようです。

 

しかし反面「資格もいらず時給が高く、また座ってできる仕事なので気にいっている。」

「電話口でひどいことを言われても、顔が見えるわけではないからそんなことは全然気にならない」と言う人もいます。

 

ですから、少々のことには動じない強い精神力を持っている人は、コールセンターの仕事に向いていると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です