貧困女子の闇は深い30代から40代女盛りも色あせる現実

30代から40代の貧困女子の現実とは?

ここ数年、アルバイトやフリーター、または派遣社員などをして生活している、30代から40代の独身の貧困女子が急増しています。

まずは、貧困女子の現実を知ることにより、貧困女子になりたくないという気持ちを強く持ちましょう。

貧困女子は絶対回避したいという思考回路を持つことが、貧困回避の第一歩です。

 

30代・40代の貧困女子は非正規雇用で独身が多い事実を受け止めよう

 

貧困女子は水商売!適正があるかどうかが問題

 

何かしらの夢を追いかけている、また単に結婚するタイミングを逃してしまったなど未婚でいる理由はさまざまですが、低収入で非正規雇用で働いている彼女達の生活は、けして楽なものではありません。

また、10年後どころか来年の今頃には自分がどうなっているのかもわからず、不安を抱えている女性も多いようです。

 

実際に中には風呂なしアパートなどに暮らしている貧困女子もいて、生活はかなり苦しいようです。

 

もし本当に苦しくなれば水商売など女性にしかできない仕事があるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、30代・40代は年齢的に水商売は厳しいというわけではありませんが、問題は適正です。

 

貧困女子はどちらかというと暗い性格の人が多い気がしますが、これだとまず勤まりません。

風俗だとカラダを使うので、これも誰でもできるというわけではありません。

ところで、水商売にもいろいろありますが、スナックやキャバクラだったらカラダをはることもなく無難かもしれません。

 

でも思ったより時給は高くないです。

 

問題は、時給うんぬんという前に仕事に向いているかどうかがポイントだと思いますが、いづれにせよ、水商売はきついです。

 

懸念される貧困女子の増加

 

30代・40代の貧困女子には恋人もいない人も多く、一人暮らしをしている人がほとんどです。

 

また最近は結婚をあきらめ、 35年ローンを組んでマンションを購入する女性も増えています。

しかしこれから一人で生きていくことを考えるなら、医療保険への加入など将来のことも考えなくてはならず、不安は尽きません。

 

またお金に困り、消費者金融に手を出して、毎月返済のため四苦八苦している貧困女子も多いようです。

 

悪いことに、今後予定されている消費税増税などに伴い、貧困女子がますます増えていくのではないかと懸念されています。

 

30代・40代の貧困女子は違法の個人融資をこっそり利用?

 

違法の個人融資がネット上で盛んに行われており、それは個人融資の掲示板という形で存在しています。

この掲示板は、30代から40代の貧困女子がお金に困った際に、男性から上限なし·利息なしでお金を借りる仕組みとなっています。

 

実はこの掲示板には「ひととき」という独自の仕組みがあり、つまり男女の関係になればお金を貸しますよという、

 

グレーゾーンというかほぼ違法行為に近いやりとりがあるようです。

 

「ひととき」があれば元金そのものを返さなくてよいのか、また利息だけはいらないということなのかは、相手によって異なります。

 

双方の同意があればお金を貸してもらえ、とりあえず今の苦しい状況からは脱出できるということで、実際に利用している30代から40代の貧困女子もいるようです。

 

出会い系サイトで男女の関係を持ち、お金を渡すのは売春にあたり明らかに違法です。

 

しかし個人融資の掲示板のひとときにはグレーの部分があり、警察は介入できないというのが実情のようで、そのため貧困女子の書き込みが多くなってきています。

 

ひととき専用のサイトもあり、こちらも男女とも合意があればやはり取引が成立するようです。

 

シングルマザーの貧困女子が増加の一途

 

シングルマザー貧困女子の厳しい生活は、テレビや週刊誌など多くのメディアで取り上げられています。

しかし特に対策が取られているというわけではなく、以前と何も変わっていないというのが現状のようです。

 

これは30代から40代のシングルマザー貧困女子も同様であり 、実家に帰ることができた場合はまだしも、それができずにアパート暮らしなどをしなければならない場合は、かなり厳しい状況に置かれています。

中には慰謝料も養育費も受け取れないシングルマザーもおり、そうすれば正社員として働くのが理想的ですが、非正規雇用の貧困女子にはそれさえも難しいというのが現実です。

 

30代・40代の貧困女子の数は上昇傾向にあり、オンナを武器に稼ぐことは可能ですが、誰でもが出来るというわけではありません。

20代の貧困女子の中には、短時間で効率よく働けるとキャバクラやクラブなどの水商売で働いたり、また風俗などで働いている女性もいます。

 

しかしそれも年齢を重ねるとともに厳しくなり、今のお金がない苦しい状況をとりあえず凌いているというのが現実のようです。

 

例えばお金持ちの男性と結婚するのも、貧困女子から脱け出すひとつの方法ですが、それもあまり現実的ではありません。

それよりも、市役所の福祉課などに生活についての相談をすることをおすすめします。

現在は20代前半で結婚し、その後離婚して子供を育てているシングルマザーも増えています。

 

彼女達は相手から慰謝料や養育費を貰えることもなく、ギリギリの生活を強いられていることも多いようです。

 

いわゆるワーキングプアとも呼ばれ、子育てをしながら働いても苦しい生活をしているのもこの年代の貧困女子に多く見られます。

 

30代・40代の貧困女子婚活の勧め

 

恋愛する余裕もない30代・40代独身の貧困女子の特徴として、あまり恋愛がうまいいかないという点が挙げられます。

 

もちろん全ての人がそうであるとは限りませんが、 結婚をできるような状態にはない、またそういったパートナーが見つけられていないというのが大半のようです。

この背景には、30代・40代独身の貧困女子が毎日の生活に追われ時間も精神的または肉体的にも余裕がなく、つい異性との恋愛にも消極的になっているという事実があります。

 

親は年齢と老いていき、自分もだんだん年を取っていきます。

将来の生活などを考えると、やはり何かあった時に支えてくれるパートナーは必要であると言えるでしょう。

 

30代・40代の貧困女子の生活は想像以上に大変です。

 

今後もし自分が病気や怪我などで入院しなければならない、また親の介護をしなくてはいけない状況になった時、今の仕事を続けることは難しくなるかもしれませんし、地元に帰らなければならないという

事態になるかもしれません。

 

病気や怪我などで働けなくなった時、収入が途絶えてしまうリスクは常に貧困女子に付きまとっています。

 

 

今は恋愛する余裕がないという人も多いと思いますが、これから一緒に歩んでいく生涯のパートナーを探し、お互いに支え合うということも大切なのではないでしょうか。

 

30代・40代でも決して遅くはありません。

 

婚活始めましょう。

何はともあれ婚活スタート!

 

例えスペックの高くない男性であったとしても、結婚で得られるメリットはとても大きいです。

結婚で貧困女子からオサラバしましょう。

 

但し、もちろん結婚が全てではありませんが、将来のことを考え結婚したいと思っている人は婚活にチャレンジして下さい。

 

30代・40代と言えば女盛り真っ最中!このまま色あせて老婆へまっしぐらは絶対ストップさせましょう。!!

 

まとめ

 

30代・40代の貧困女子の大半は独身で一人暮らしです。

 

30代・40代の貧困女子は、水商売で稼ぐという手もあるが、問題は本人の適正です。

 

シングルマザーの増加に伴い貧困女子も増加傾向にあります。

 

30代・40代の独身貧困女子は婚活にトライすることを奨励します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です